会社設立>>会社設立の準備事項
 発起人
 
 株式会社を設立する場合の発起人は、1人以上であれば何人でもかまいません。したがって、発起人1人で会社を設立することが可能です。
 発起人は、会社設立の企画者として、新設会社の骨格となる、商号・本店・事業目的・資本金・会社の機関・役員などの基本事項の決定をし、そのための定款を作成し、また、設立にいたるまで、いろいろな作業を行います。ですので、会社設立においてキーマンになります。
 なお、発起人は設立時において、株式を1株以上引き受ける必要があり、会社の最初の株主(出資者)にもなります。ですので、議決権比率には、注意をしてください。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |