会社設立>>会社設立の準備事項
 銀行印など、その他印の作成
 
 会社設立のためには、会社代表印だけ作成してあればよいです。ただし、会社設立後の運営のために、お金に余裕があるならば、銀行印など、その他の印も作成しておくとよいでしょう。
 
 (銀行印)
 銀行印とは、会社設立後、銀行に口座を開設する際に用いる印であり、小切手や手形の振り出し、預金の引き出しなどに使います。
 代表印をそのまま、銀行印としても使用することは可能です。ただし、小切手や手形の振り出しが多く、押印し続けていると、使用頻度が激しいために、破損や摩耗のおそれがあります。また、使用頻度が高いと、紛失の可能性も高くなります。そのため、通常は代表印とは別に銀行印を作ります。ただし、新設会社の場合、小切手や手形の振り出しをすることが少ないため、当面の間は、会社代表印を銀行印として使用しても良いでしょう。
 なお、銀行印の場合は、代表印のような規格がありません。ただし、一般的には、代表印よりは、少し小さめに作ります。
 

 (ゴム印)
 ゴム印とは、小切手、手形、封筒、契約書や各種の届出書など、幅広く、押したりして使用するゴム製の印です。法的に正式な印ではないですが、手書きをすることが煩わしいなどのため作成されます。

 

  (社印(角印))
 社印(角印)とは、見積書、請求書や領収書などに使う印です。

 
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |