会社設立>>会社設立の準備事項
 事業年度(決算期)
 
 事業年度とは、決算期から次の決算期までの期間のことです。事業年度が1年以内でさえあれば、「毎年4月1日から翌年3月31にまで」というように年1期としても、「毎年4月1日から9月30日まで、および10月1日から翌年3月31日まで」というように半年ごとの年2期(この場合、1年のうちに2度決算期が訪れます)としても構いません。また、決算期はいつでも自由に定めることができます。
 ただし、決算期を決める際の注意としては、会社としての繁忙期に決算期が重なるような決め方や、資金繰りがショートしてしまうような事態は避けるべきだということです。
 会社設立日から決算期まであまり月日がなかったり、繁忙期に決算期がきてしまうのでは、せっかく「会社が軌道に乗りかけてきた」という時や、「今こそ稼ぎ時だ」という時に伝票や帳簿の整理に追われてしまい、通常の業務にも支障をきたしてしまいかねません。
 また、納税時期(法人税の納税は、原則決算期末日より2か月以内)と賞与支払の時期が重なると、資金繰りが大変になります。
 以上のことを参考に、工夫をしながら、事業年度を決めると良いでしょう。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |