会社設立>>会社設立の準備事項
 サイン証明書の用意
 
 発起人、取締役等になる方は印鑑登録証明書の用意が必要です。しかし、国外に居住されている方ですと印鑑登録証明書を用意することはできません。その場合、印鑑登録証明書の代わりにサイン証明書を利用するのです。サイン証明書とは、国外における公証人に、サインを証明してもらった書類です。なお、サイン証明書の必要通数は印鑑登録証明書と同じと思ってもらって問題ありません。
 なお、国外の法人が発起人になる場合は、宣誓供述書と法人代表者のサイン証明書が必要となります。宣誓供述書とは、日本の登記簿謄本に記載されているような商号、本店、役員等法人の概要を代表者が国外における公証人に宣誓供述し、公証人に証明してもらった書類のことをいいます。なお、国内の会社が発起人になる場合、その発起人となる会社の目的と、新しくできる会社の目的のうち1つは重なる必要があるのですが、国外の会社が発起人となる場合、新しくできる会社と目的が1つも重ならくても問題ありません。
 
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |