会社設立>>電子定款とは
電子定款とは
 
 2004年3月1日より紙で作成した定款だけでなく、電子(PDFなど)で作成した定款でも、認証を受けられるようになりました。この電子で作成した定款を電子定款と言います。なお、その電磁的記録に記録された情報については、法務省令で定める署名または記名押印に代わる措置をとらなければならないとされています。
 簡潔に言いますと、この電子定款の最大のメリットは、紙で作成した定款作成・認証の際に必要である収入印紙40,000円がいらないということです。
 ようするに、当事務所に依頼をすれば、電子定款によって作成しますので、 印紙代40,000円が浮くということです。そのため、結果的に、起業家ご自身で、会社を設立するより、当事務所に依頼をした方が安くなるという、「うそのような本当の話」がおきてしまうのです。
 なお、起業家ご自身で、電子定款の作成・認証をしようと思っても、電子認証キット等の初期設備投資費用が約70,000円ほどかかります。ですので、結果的にソンをします。当事務所のように、何度も電子定款を作成するような状態でない限り、ムダになります。
 また、当事務所では、電子定款作成・認証代理の依頼があっても、紙ベースでの定款を2通お渡しします。1通は、法務局に提出してください。もう1通は、会社設立後、銀行で口座を開くときに使用してください。これは、法務局では、電子ファイル(定款の謄本情報)だけでは登記申請を受け付けてもらえないことがあり、紙ベースの定款(謄本)を要求されることが多いからです。また、公証役場でも、紙ベースでの定款の取得を、実際にすすめています。
 なお、正式な公証人の押印がある定款が、また、必要となった時は電子定款対応の公証役場でとることができます。ただし、紙ベースの定款がすべて手元からなくなる前に、紙ベースにおける定款の、最後のページである公証人の押印のページを、コピーして必ず1通は会社で保存しておいてください。何かと使います。例えば、会社設立後、税務署に定款のコピーを提出します。その場合、電子定款(PDFファイル)を印刷し、公証人の押印のコピーページをつけて出します。
 
  電子定款の税務のページ
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |