会社設立>>会社法
会社法第四十七条(設立時代表取締役の選定等)
 
設立時取締役は、設立しようとする株式会社が取締役会設置会社(委員会設置会社を除く。)である場合には、設立時取締役の中から株式会社の設立に際して代表取締役(株式会社を代表する取締役をいう。以下同じ。)となる者(以下「設立時代表取締役」という。)を選定しなければならない。
2  設立時取締役は、株式会社の成立の時までの間、設立時代表取締役を解職することができる。
3  前二項の規定による設立時代表取締役の選定及び解職は、設立時取締役の過半数をもって決定する。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |