会社設立>>合同会社設立の方
会社設立代行東京が、合同会社設立のお手伝いをします。
 実費+報酬2万円で、合同会社設立の書類を作成いたします。
 
 最低限必要な実費は、登録免許税です。合同会社では、定款の作成は必要ですが、株式会社と違って公証人の認証は不要であり、認証費用はかかりません。ただし、定款を紙ベースで作成すれば、株式会社同様に印紙税4万円かかります。他のホームページをみると、合同会社は定款の認証が必要ないから印紙税がかからないようなことが書かれていることが多いです。しかし、それは、間違いです(印紙税・収入印紙)。株式会社、合名会社、合資会社、合同会社を問わず、会社の設立のときに作成される定款の原本には、収入印紙4万円を貼る必要があります。
 会社設立後、税務調査が入ったときに定款に収入印紙が貼っていなかったら、税金が重くかかります。気をつけてください。
 合同会社の設立登記に関する登録免許税の金額は、資本金の1,000分の7もしくは60,000円のいずれか高い金額が必要となります。つまり、資本金500万円の会社の設立には、登録免許税は35,000円ではなく60,000円必要となります。
 
 (資本金500万円の合同会社設立の金額)
ご自身で会社の
設立をする場合
当社に
ご依頼の場合
収入印紙代 40,000円 0円
登録免許税 60,000円 60,000円
行政書士報酬 0円 20,000円
トータル
会社設立費用

100,000円

80,000円
 
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |