会社設立>>会社設立依頼の流れ
株式会社設立通常プランの流れ
 
 (1)会社設立の前のご質問は、お気軽にメール・面談等でお受けします。なお、登記申請についてのご質問は、司法書士をご紹介いたします。
 (2)お問い合わせ内容をメール・面談等でお答えします。
 (3)定款などの書類作成に必要な事項(設立会社の形態、商号、本店所在地、目的、役員構成、資本金の額など)を確認するため、チェックリスト(Wordファイル)を送ります。
 (4)お客さまの方で、チェックリストを埋めてていただき、メールで当事務所に送り返していただきます。また、印鑑証明書の用意をしておいてください。ただし、取得してから3か月過ぎたものは使えません。
(取締役会非設置会社の場合)
発起人全員各1通、取締役全員各1通。
発起人と、取締役両方になる方は2通。
(取締役会設置会社の場合)
発起人全員各1通、代表取締役だけ1通(他の取締役は不要)。
発起人と、代表取締役両方になる方は2通。
 (5)メール受信後、直ちに作業に入らせて戴きます。お客さまからいただいたチェックリストをもとに、当事務所が定款サンプルを作成します。作成した定款サンプルと行政書士報酬請求書を、お客さまの方にメールで送り、お客様に確認をしていただきます。また、会社の代表印(実印)の作成をしてください。
 (6)お客様が確認し、納得していただけましたら、公証人手数料と行政書士報酬を弊社銀行口座にお振込お願いします。当事務所で入金確認がすみましたら、定款について公証人との事前相談に入ります。なお、午前中に入金確認ができましたら、その日のうちに公証人との事前相談ができます。
 公証人との事前相談が終わりましたら、メールで委任状と定款を送ります。なお、公証人との相談により、定款に手直しが入った場合は、その旨ご連絡いたします。
 (7)メールで送りました委任状と定款をセット、押印し、郵送で送ってください。また、発起人になる方全員の印鑑証明書の「原本」を1通づつ送ってください。発起人にはならずに、取締役だけになる方は、印鑑証明書の「コピー」を1通づつ送ってください。
なお、会社が発起人になる場合は、会社代表者の印鑑証明書と謄本(履歴事項全部証明書)を送ってください。
 (8)当事務所に書類がつき次第、当事務所の方で、定款作成・認証の代理を行います。また、そのほか必要な書類(登記申請書を除く)を作成いたします。
 (9)定款認証が、終わりましたらご連絡いたしますので、お客様(発起人)の口座に、資本金を振り込んでください。また、通帳をコピーしてください。コピーする部分は、「通帳の表紙」「通帳を開いて1ページ目」「払込金(資本金)の振込みに関する記載があるページ」の3枚となります。
 (10)認証が終わった定款や、その他必要な書類(登記申請書を除く)を、お客様にご郵送いたします。司法書士をご紹介していただきたいお客様には、ご紹介いたします(強制ではありません)。
 (11)お客様自身、もしくは司法書士が、法務局へ会社設立登記申請を行います。
 (12)申請日より約7日で登記完了です。謄本、印鑑証明書が取得できます。
 (13)税務署等に届出を提出します。ご依頼があれば、5000円で当事務所(併設の税理士事務所)が税務署等の届出書類を作成いたします。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |