会社設立>>よくいただくご質問
 ご質問
 払込みがあったことを証する書面とは何ですか?
 
 お答え
 旧商法時代は、銀行などに資本金を払い込み、払込みを取り扱った銀行等の「払込金の保管に関する証明書」を利用して、会社を設立していました。ただし、この制度は「銀行が証明書を発行してくれない」、「証明書の発行に時間がかかる」、「銀行の手数料が高い」などの問題点がありました。
 そのため、新会社法では、払込みがあったことを証する書面として、代表者が作成した払込みの事実を証明する書面に、払込みがされている預金通帳の写し等を合わせてとじたものを利用して、会社を設立することができるようになったのです。
 なお、当サイトでも、無料会社設立書式集に、払込みがあったことを証する書面の、テンプレートがあります。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |