会社設立>>よくいただくご質問
 ご質問
 当面はしませんが、将来やろうとしている事業があります。会社設立時の段階で、目的として記載した方が良いですか?
 
 お答え
 結論から言いますと、資本金1000万円以下で会社を設立する場合、目的の数は5以内、多くても10以内にすべきでしょう。あまりにも多くの目的が記載されていると、第三者からすると違和感を覚えるのではないでしょうか。取引をしようとすると思う人がいても、「ウリがない会社」や「何の事業をしたいのかわからない会社」と敬遠される可能性があります。そのため、本当に自分がやろうとする事業だけを、記載することが良いと思われます。また、記載する目的の最後に「前各号に附帯関連する一切の事業」と入れれば、目的の範囲を広げることができます。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |