会社設立>>よくいただくご質問
 ご質問
 登記簿謄本には、「現在事項全部証明書」と「履歴事項全部証明書」の2つがあるみたいですが?
 
 お答え
 登記簿謄本には、「現在事項全部証明書」と「履歴事項全部証明書」の2つの種類があります。簡単に言うと、「現在事項全部証明書」に記載されるのは、文字通り、現在効力を有する事項のみとなります。一方、「履歴事項全部証明書」に記載されるのは、「現在事項全部証明書」に記載される事項にプラスして、過去の変更登記の履歴が記載されます。
 会社設立の段階では、「現在事項全部証明書」と「履歴事項全部証明書」のどちらであっても、当たり前の話ですが、記載事項は一緒となっています。
 ただし、税務署等に提出が求められる謄本は「履歴事項全部証明書」となっております。そのため、「現在事項全部証明書」を提出した場合、再度、「履歴事項全部証明書」の提出を求められることがありますので、必ず、「履歴事項全部証明書」を取得してください。
 なお、会社設立時においては、記載事項は一緒となっていますので、金額は同一(通常1000円)となっております。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |