会社設立>>会社設立においての資本金・払込の証明
資本金・払込の証明の基礎
 
 会社を設立する場合は、出資金(資本金)の払い込みが必要です。旧商法時代は、銀行などに資本金を払い込み、払込みを取り扱った銀行等の「払込金の保管に関する証明書」を利用して、会社を設立していました。
 ただし、銀行は新たに設立しようとする会社に対して、払込金保証証明をしたがらない傾向にありました。そのため、会社を設立しようとする人は、払込金保証証明をしてくれる銀行を探すために、いくつもの銀行をまわるということにエネルギーを使ってしまうという問題点がありました。また、証明をしてくれる銀行をみつけても、払込金保証証明の交付を受けるには、一定の時間を要していました。また、銀行の手数料も高く、さらには登記が完了するまでには、資本金を引き出すことも出来ませんでした。
 しかし、払込の証明手段としては、代表者の証明の方法でも問題がないはずです。また、代表者の証明による方法が認められれば、払い込みが一定の時期に行われたことが証明できることになります。そのため、登記完了までに払い込まれた金銭が、使用できないという不都合もなくなります。
 新会社法では、払込みがあったことを証する書面として、代表者が作成した払込みの事実を証明する書面に、払込みがされている預金通帳の写し等を合わせてとじたものを利用して、会社を設立することができるようになったのです。つまり、銀行等の払込金保証証明が不要となったのです。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |