会社設立>>新設会社の経理・税金
 会計ソフトを使う
 
 現在、多くの会社では、経理の業務を行う際、会計ソフトを使用しています。従来は、経理・会計業務は紙ベースかつ手作業で行っていました。しかし、転記や集計のたびに、経理の知識が求められ、 各作業ごとに莫大な手間がかかっていました。また、一度間違えると原因を探しだすのも一苦労でした。紙ベースなので、経理資料の保存にも場所をとるなど様々な問題がありました。
 ですから、最近では、会計ソフトを使って経理業務を行うことが一般的です。パソコンの操作に慣れていて、簿記の知識が少しあり(簿記2級レベル程度)、各勘定科目や仕訳などを正しく入力できるのであれば、会計ソフトを使い経理の業務を行った方が効率的です。
 会計ソフトを使い、仕訳を行えば、自ずと記帳、集計、決算ができますので大変便利です。また、入力した取引データ等で試算表が作成されますので、現在の経営状況が手にとるようにわかり、経営分析も行えます。このように、会計ソフトを使うことで業務の効率化が図れます。
 ただし、一度会計ソフトを使い始めると、決算までそのソフトを使う必要があります。ですから、会計ソフトを使いこなす自信がなければ、最初から手書きで現金出納帳や振替伝票などを作成し、それを会計事務所に渡してもよいでしょう。実際、会計事務所に試算表や決算書などを作成してもらった方が、手間がかからず正確に作成できます。また、エクセルなどの表計算ソフトに慣れているのであれば、無理に手書きで行わずに、表計算ソフトでできる部分まで作成し、その後会計事務所に渡す方法でも良いかもしれません。このように、会社の状況に合わせて選択するとよいでしょう。
 なお、個人的な見解ですが、お薦めの会計ソフトは、「弥生会計」と「勘定奉行」です。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |