会社設立>>新設会社の経理・税金
 創立費と開業費
 
 会社を法律的に設立するためにかかった支出額のことを、創立費といいます。また、法人設立後から営業を開始するまでの間にかかった開業準備のために支出した費用を、開業費といいます。
 なお、設立1期目の事業年度で、経費処理することができます。また、繰延資産として計上し、その後数期間で償却することも可能です。
 
会社設立前にかかった経費 
 
 (創立費の具体例)
 会社の負担に帰すべき設立費用、例えば、会社設立のために支払った行政書士・司法書士の報酬、定款および諸規則作成のための費用、株式募集その他のための広告費、目論見書・株券等の印刷費、創立事務所の賃借料、設立事務に使用する使用人の給料、金融機関の取扱手数料、証券会社の取扱手数料、創立総会に関する費用その他会社設立事務に関する必要な費用、発起人が受ける報酬で定款に記載してある金額、設立登記の登録免許税等
 (開業費の具体例)
 土地、建物等の賃借料、広告宣伝費、通信交通費、事務用消耗品費、支払利子、使用人の給料、保険料、電気・ガス・水道料等で、会社成立後営業開始時までに支出した開業準備のための費用をいいます。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |