会社設立>>定款の作り方
会社設立定款「モデル定款(合同会社、社員が2人)」
 
 
合同会社六本木商店定款



 
定   款
 
第1章 総  則
(商  号)
第1条  当会社は合同会社六本木商店と称する。
(目  的)
第2条  当会社は、次の事業を行うことを目的とする。
(1)カフェバーの経営
(2)コーヒーショップの経営
(3)パブの経営
(4)前各号に附帯関連する一切の事業
(本店の所在地)
第3条  当会社は、本店を東京都港区に置く。
(公告の方法)
第4条  当会社の公告は、官報に掲載する方法により行う。
 
第2章 社員及び出資
(社員の氏名、住所、出資及び責任)
第5条  社員の氏名及び住所、出資の価額並びに責任は次のとおりである。
(1)金200万円 東京都新宿区歌舞伎町9丁目8番7号 
有限責任社員 山田太郎
(2)金100万円 東京都渋谷区神宮前1丁目2番3号
   有限責任社員 渋谷次郎
 
第3章 業務の執行及び会社の代表
(業務執行社員)
第6条  当会社の業務は、業務執行社員がこれを執行する。
2  業務執行社員は、山田太郎及び渋谷次郎とする。
(代表社員)
第7条  当会社の代表社員は、山田太郎とする。
 
第4章 計  算
(事業年度)
第8条  当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年 3月31日までとする。
 
第5章 附  則
(最初の事業年度)
第9条  当会社の最初の事業年度は、当会社の成立の日から平成19年3月31日までとする。
(定款に定めのない事項)
第10条  本定款に定めのない事項については、すべて会社法その他の法令の定めるところによる。


 以上、合同会社六本木商店設立に際し、社員山田太郎他1名の定款作成代理人である行政書士 中島吉央は、電磁的記録である本定款を作成し、電子署名をする。
 
平成 19年 1月 1日

有限責任社員  山田太郎    


有限責任社員  渋谷次郎    


上記社員2名の定款作成代理人
行政書士 中島吉央
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |