会社設立>>定款の作り方
会社設立定款「取締役を株主に限定」
 
(取締役の選任)
第○条  取締役は、株主総会の決議によって選任する。
2  取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う。
3  取締役の選任決議は、累積投票によらない。
4  取締役は株主でなければならない。
 
  ワンポイント・アドバイス
 モデル定款の(取締役の選任)に、4項「取締役は株主でなければならない。」を追加すれば、取締役は株主の中から選ばれることになります。
 本来、取締役は、企業経営ができる者であり、株主の中だけではなく、人材を広く社外からも求められる必要があります。また、株式会社の場合は、企業の所有(株主)と経営(取締役)の分離が求められています。
 ですから、本来は、定款をもってしても、株主に限定することはできませんが、株式譲渡制限会社では、実情に合わせ株主に限定することができるのです(会331A)。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |