会社設立>>会社設立手続きの流れ
会社設立手続きの流れ
 
 (1)設立会社の形態、商号、本店所在地、目的、役員構成、資本金の額などを決め、書類を作成します。
 (2)発起人、取締役になる方の印鑑証明書を取得します。
 (3)管轄法務局で、事業目的の適否の相談、同一商号の調査をします。なお、そのときに、「別紙(OCR用申請用紙)」、「印鑑届書」をもらっておきます。登記申請の時に使うからです。調査後、会社の代表印を作成します。
 (4)定款を作成し、公証人に定款の認証をしてもらいます。
 (5)発起人の預金口座に、資本金を入金して、通帳をコピーします。コピーする部分は、「通帳の表紙」「通帳を開いて1ページ目」「払込金(資本金)の振込みに関する記載があるページ」の3枚となります。
 (6)「払込があったことを証する書面」と、通帳のコピーをセットにします。また、そのほかの登記申請に必要な書類を用意し、セットします。
 (7)法務局に登記申請の書類を提出します。
 (8)申請日(会社設立日)より、約7〜10日で登記完了です。
 (9)税務署等に届出を提出します。また、銀行で会社名義の口座を作ります。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |