会社設立>>会社設立後の運営
リースか購入か
 
 会社を設立した後、事業を行う上で必要となるコピー機やパソコンといった機械機器を購入するか、リースとして借りるか、2つの選択肢があります。
 リースとは、リース会社が、機械機器や器具等をメーカーから購入し、利用者に賃貸する契約のことです。機械機器や、器具等の所有権は一般的にリース会社にあります。事業を滞りなく進めるためには、設備を早くそろえる事が重要なので、初期投資の少ないリースは大変魅力的です。リース期間は経済的耐用年数に見合う期間で設定されていますので、モデルチェンジの激しい機器には、利点があります。しかし、リース物件の保守点検や修理などは、利用者がその責任を負うことになりますし、気に入らないからといって簡単に途中で契約を解約することはできません。また、一度に多額の資金はいらず、リース料は全額経費に計上できるのですが、当然現金で購入するよりは高くつきます。
 一方、購入すれば、当然所有権は利用者である会社にあります。リースと違い、機械機器等のパーツ交換なども自由に行えます。また、現金で購入すれば、リース料全額よりは当然安くなりますが、初期投資に莫大な費用がかかります。ですから、高額なものを買う場合は、ローンで購入することになり、結局、金利が加算されます。また、購入後は毎期減価償却をしたり、償却資産税(備品などにかかる固定資産税)がかかるケースもあるので、事務処理が煩雑になります。
 以上のことを踏まえて、実際支出する購入代金やリース料金だけで比較するのではなく、事務処理の手間などを加味し、リースか購入かを比較検討する必要があります。
 なお、リースであっても、経費計上ではなく、資産計上をして、減価償却をしなくていけないケースもあります。ですので、リース契約を結ぶ際は、注意をしてください。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |