会社設立>>会社設立用語
 特別決議
 
 特別決議とは、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数(定足数)を有する株主が出席し、出席したその株主の議決権の3分の2以上(表決数)を必要とする決議のことをいいます(会309A)。
 定款に別段の定めをする場合は、定足数は3分の1を下回る割合を設定する事が出来ず、表決数は3分の2を上回る割合しか設定できません。
 特別決議が必要なのは、監査役の解任、定款変更、事業の譲渡、解散、合併、減資などの重要事項と定められています。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |