会社設立>>会社設立用語
 特殊決議
 
 特殊決議とは、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使することができる株主(頭数)の半数以上であって、その株主の議決権の3分の2以上(表決数)を必要とする決議のことをいいます(会309B)。
 定款に別段の定めをする場合は、表決数を上回る割合しか設定できません。
 特殊決議が必要なのは、全部の株式について譲渡制限をする場合の定款変更など、特別決議よりも更に重要度が高い事項と定められています。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |