会社設立>>会社設立用語
 捨印
 
 捨印とは、書類の欄外部分(通常、上部)に、署名押印欄で使ったものと同じ印鑑で押印をすることをいいます。
 捨印は後になって、書類の訂正が必要になった場合に使います。本来の書類の訂正の仕方は、署名押印した人が訂正個所を確認して、訂正して印を押す(訂正印)のが本来のやり方です。
 しかし、捨印があれば、本人の代わりに書類を保持している人が、捨印のそばに「〇文字訂正」「〇文字削除」などと書き込み訂正することができます。いわば、あらかじめ事前に捺しておく訂正印だということです。
 そのため、捨印があれば、登記申請のさいに、法務局に提出する書類に軽微な書き損じがあっても、法務局の方で訂正してもらうことができます。ようするに、軽微な書き損じ程度であれば、わざわざ法務局の方へ、もう一度行かないですむということになります。ですから、非常に便利ですので、事務手続きを円滑にするために、必ず、登記申請の際には書類に、通常の押印の他に、忘れずに、捨印もしておきましょう。
 なお、注意する点は、法務局は国の機関であるため、信頼できるから捨印をおすすめしているのです。会社設立後、取引先と契約を結ぶ際の契約書等には、むやみに捨印はしないでください。また、お金の借用書とかにも、捨印は押さないでください。捨印を悪用すれば、契約の趣旨が変わるような訂正をすることができるからです。
 
会社設立代行東京・株式会社設立・合同会社設立

 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |