会社設立>>会社設立用語
 社員
 
 合同会社は、1人以上の個人または法人の社員が必要となっています。ですから、社員は自分1人のワンマンカンパニーも可能です。合同会社における社員とは、世間一般でいう従業員のことではありません。出資者であり、業務の執行をする人のことをいうのです。そのため、社員となる人の決定は大変に重要なことになります。
 合同会社では原則として、社員のすべてが業務執行をすることになります。しかし、それですと業務執行に支障がきたすことが多いので、社員が複数いる場合は、定款で業務執行社員を定めることができます。その場合は、その業務執行社員だけで、業務執行をすることになります。ただし、その他の社員には業務執行社員の業務や、財産の状況を調査する権利、いわば監視する権利があります。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |